♪続・匠の技術!vol.2♪

こんにちは!株式会社アールスタイル 管理部の大矢知です!

当社のあるJR中央線国立駅の桜並木も数日前の雨で花びらが飛んでしまっておりますが、

まだ綺麗な姿を見せてくれておりますので、是非 国立駅にお越しの際は綺麗な桜並木を

ご覧下さいませ♡

さぁ 本日は以前 床のリペアの技術をこちらのブログでご紹介をさせて頂いたのですが、

本日は別のお部屋で柱と壁のリペアをお願いし、その優れた技術に感動をしてしまったので、

vol.2として続編をお届け致します!

今回は退去時にお客様が取り付けた棚を外すという作業を行う事になったのですが、

棚を外すと柱と壁が削られてしまっており、急遽リペアの施工の手配をさせて頂きました。

このような状態で柱が欠けており、壁も丸い部分が削れてしまっておりました…..。

この状態が直るのか心配になりながら、作業を見させて頂きました。

柱の部分は木材を釘ではめ込みます!

壁の部分は円形にパテを埋めます!

まだまだここからです。

形を形成して鑢で削り整えていき、そこに色を塗ると…….。

ほぼ分からない状態で形で完成致しました!

削れた状態が肉眼では分かりません。(笑)

大家様も驚いておりましたよ…。

今回も凄い技術を見せて頂きました!

また 床のリペアがありますので、その様子もブログにアップ致しますね!

内装工事でお困り事があれば、是非 当社ホームページ・Facebook・ツイッター・Instagramにて

お声掛け・お問い合わせ下さいませ!

以上 大矢知でした!!!